50代のアフィリ仲間が欲しくて立ち上げたブログ

稼ぎは月80万円ぐらいですが、アフィリ仲間がいなくて寂しい思いをしています。
お知らせ

 仲良くしたい・ 世間話がしたいなど、
 その他なんでも結構ですので、
 何かあれば、下記のアドレスまでメールを下さい。、
 
    suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp (★を@に変えて送信して下さい)


どうも、トミーです。

小説などでは、起承転結という構成が一般的ですよね。

小説の場合はそれで良いと思うのですが、
ブログの場合は、起承転結という構成では、
結論が出て来るのが遅いので、
情報のまわりくどさが出てしまいがちです。

ほとんどのネットユーザーは、
自分の知りたいことだけを読みたいと思って検索しています。

だから、結論は最初にズバッと出してあげた方が親切ですよね。

逆に、結論が最後の方に書いてあると、
読みながら原因を解き明かしていく形になります。

そういうスタイルの文章は、
ややこしい記事だと思われがちなんですよね。

何故なら、1つ1つの文章を徹底的に理解していかないと、
答えに辿り着かないという印象が出てしまうからです。

特に、難解になりがちなテーマ(病気など)は、
専門用語が多くなりますから尚更です。

ネット検索しているユーザーの多くは、
小説のような感じで、
ブログをじっくり読もうなんて思っていません。

自分の疑問を素早く解決したいだけなんです。

要するに、早く結論を知りたいと思って検索していますから、
なかなか結論が出て来ない記事は読もうとしないんですよね。

だから…、

最初に結論を出しておいて、
子見出しなどを使って、
結論を説き明かしていく流れの方がいいかと…。

その方が結論を知った上で、
もっと細かく知っていけるので、
読み進めてもらいやすいように思います。

疑問を解決するために検索しているネットユーザーは、

・ちゃんと読まない
・ちゃんと見ない

という特徴がありますので、

ややこしいイメージの記事は、
しっかり読んではくれません。

だから…、

斜め読みをして、
自分の欲しい情報が無さそうに感じたら、
さっさとブログから離脱してしまいます。

という訳で、

せっかく書いた記事を最後まで読んでもらうためには、
まず最初に「結論」を書いて、
結論を知った人が次に知りたくなることを
結論の次に持ってきてあげるというのがいいように思います。

今回と似たようなこと、
以前にも書いたことがあったような気が…(^^;

とりあえず、今日はこれでおしまい(^^

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
   ↑↑↑↑    ↑↑↑↑    ↑↑↑↑
これを押しておいて頂けると、
私のランキングポイントが一つ増えますので、
宜しくお願い致します。

===================================
私のメールアドレスは下記の通りです。
何かあれば、気軽にメールして下さいね。

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
===================================






どうも、トミーです。

前回の記事(ブログの序章(イントロ)は必要?)では、
ブログの本文の話ではなく、
「序章」や「まとめ」について書かせて頂きました。

その「まとめ」についての質問メールを頂きましたので、
今回は「まとめ」について、もう少し書いてみようかと…(^^

ブログの最後に書く「まとめ」は、
文字通り「まとめ」ですから、
本文を要約するような感じでいいんじゃないかと思います。

私の場合は、下記のような感じのことを書くことが多いです。

・本文を超簡単にまとめる
・記事を書いた感想
・読者へのメッセージ

文字数としては、300文字ぐらいが多いです。

それ以上になると「まとめ」じゃなくて、
本文の一部みたいですから、
あまり長すぎないようにしています。

あと、私が注意しているのは、
自分の感情や考えを押し売りしないようにするということです。

例えば…、

「『そうだったんだぁ~』と思われたのではないでしょうか。」

このような文章を書いて、
感動や同意の押し付けをすると、

記事を読んでくれた人は、
全くそうは思わなかった場合もある訳ですから、
不快に感じさせてしまう可能性があります。

例えば…、

誰かと話をしていて、

「○○と思ったでしょ」

などと決めつけて言われたとき、
そんな風には思わなかったけど…という感じで、
あまりいい気がしない時ってないですか?

ブログ読者にも、
そのような不快さを与えたくないということです。

記事の内容が良くても、
最後の最後に不快さを感じさせてしまうと、
せっかくの記事が台無しになってしまいますからね。

「まとめ」は、記事を締める大事な部分です。

だから…、

本文じゃないからといって、
軽く流すように書くのではなく、

「記事をしっかりまとめる」

という意識を持って書くべきじゃないかと…。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
   ↑↑↑↑    ↑↑↑↑    ↑↑↑↑
これを押しておいて頂けると、
私のランキングポイントが一つ増えますので、
宜しくお願い致します。

===================================
私のメールアドレスは下記の通りです。
何かあれば、気軽にメールして下さいね。

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送信して下さい)
===================================






今日はペラサイトの話じゃなくて、更新型のブログの話です。

ネット上には色んなブログがありますけど、
本文に入る前に、序章を書いているブログって多いですよね。

-------------------------
■ ブログの構成例

・序章

【子見出し①】
・本文

【子見出し②】
・本文

【子見出し③】
・本文

【最後に】
・まとめ
-------------------------

上記のような構成の記事が多いと思いますけど、
本文に入る前に、序章を書いてないブログもあります。

・序章がある方が良いのか?
・序章がない方が良いのか?

特に正解はないと思います。

ブログ訪問者が読みたくなる記事であれば、
それでいいんですからね(^^

序章というのは、
「こんなことが書いてありますョ」
という記事の説明みたいなモノです。

ただ…、

もし、序章を書くのであれば、
本文を読みたくなるようなモノにしないといけないですよね。

逆に…、

序章に書かれていることが、
生理的に好きになれそうにないと感じられてしまうと、
ブログ訪問者は、本文を読む気になれないですよね。

ということは…、

本文を読みたくなるような序章を書けば、
ブログ訪問者は、どんどん読み進めてくれる可能性が高いかと…。

という訳で…、

序章の善し悪しで、
ブログの精読率はかなり変わってくるように思います。

序章は、ブログ訪問者と書き手の出会いの場です。

ブログ訪問者は、序章を見て、

・この人はどんな人なのか?
・温かそうな人なのか?
・優しそうな人なのか?
・丁寧な人なのか?

このようなことを自然に読み取ります。

そして、この人は良さそうだなぁ~と思ってもらえたら、
ブログ訪問者と書き手の間に、自然に繋がりができます。

繋がりができれば、
そのあとの本文もしっかり読んでくれるでしょうね。

でも…、

序章が…、

・何かつまらない
・信用できない感じがする

などと思われたら、軽くざっとしか読まれないか
下手をすれば、スグにブログから離脱されてしまいます。

という訳で…、

序章の内容によって…、

本文をしっかり読んでくれるかどうかが決まると言ってもいいかと…。

これは、私が勝手に思ってるだけですから、
これが正解だとは思わないで下さいね。

でも、私はそう思っています。

だから、私は序章も手を抜かずに書くように心掛けています。

ちなみに…、

本文の最後の「まとめ」で、
簡潔に上手く締めることが出来れば、
記事全体がビシッと決まります。

すると…、

ブログ訪問者は、ブログに好感を持ってくれて、
ブログの別のページも読んでくれたりします。

要するに、本文も大切ですけど、
最初と最後も大切ってことですね。

ということは…、

全部大切ってことになってしまう訳ですけど(^^;

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
   ↑↑↑↑    ↑↑↑↑    ↑↑↑↑
これを押しておいて頂けると、
私のランキングポイントが一つ増えますので、
宜しくお願い致します。

======================================================
私のメールアドレスは下記の通りです。
何かあれば、気軽にメールして下さいね。

suzuki8080ewah_0121★yahoo.co.jp(★を@に変えて送信して下さい)
======================================================









 | Copyright © 50代のアフィリ仲間が欲しくて立ち上げたブログ All rights reserved. |  Next

アフィリエイト